ABOUT

布を作るには
手で織るか、機械で織るかを選ぶ
織り上がる布のあり方と、
その作られ方にはとても深い関係があると思う
私は、その両方のあいだにあるような
布のあり方に可能性を感じる

使う人が自由に使い方を発見し、
暮らしの変化や、装いにあわせて
ともに成長し続けられるような布

考える人
作る人
使う人
それぞれにとって創造的であるような
そんな布を作りたいと思っている

2013年4月


瀬谷志歩
武蔵野美術大学卒業
東京八王子の織物工場みやしん(株)にて、
服地の製造、企画、開発、営業を担当。
2011年 社内のオリジナルブランドとしてCOOVAをスタート
2013年 同社の廃業に伴い、独立



In fabric making, we can choose either hand woven or machine woven.
Woven fabric is deeply intertwined with how it is made.
I find possibilities in what the fabric can become,
somewhere between the woven fabric and its weaving method.

I would like to make fabrics
that users are free to explore their own uses
and continually adapt based on changes
in their lives or their look.

Be it designer, maker, or user.
I want my fabrics to be creative for each.

April 2013

Shiho Seya
A graduate of Musashino Art University
Responsible for production, planning, development and
sales of clothing materials at
Miyashin Co., Ltd., a textile factory in Hachioji, Tokyo.
2011 - Launched an in-house original brand, COOVA
2013 - Became independent due to the closure of Miyashin Co., Ltd.